カテゴリ一覧
エレガンス
ベーシック
ベーシック2
お買い得
お買い得2
キュート
和風
クール
遮光(遮音)
ウオッシャブル
レース
ミラーレース
機能付
公共施設
その他



採寸方法について

リフォーム内装工事

襖/障子/網戸のインフロア

TOPページ > 採寸方法 サイトマップ

カーテンの採寸方法について
仕上がり幅(W)と仕上がり丈(H)を正確に測っていただくことによって、バランスのよい仕上がりとなります。カーテンレールや窓の形状によって測り方が異なります。それぞれの方法をご覧頂くことで簡単にカーテンのサイズを割り出すことが出来ます。

仕上がり幅(W)の測り方
●一般的な金属レールの場合
カーテンレールの端から端の長さをメジャーで測ってください。その長さに5%程度のゆとりを持たせたものが仕上がり幅となります。

(レールの長さ)×(約1.05)=仕上り幅(W)
●装飾つきカーテンレールの場合は、フックからフックまでの幅をメジャーで測ってください。その幅に5%程度のゆとりを持たせたものが仕上がり幅となります。

(レールの長さ)×(約1.05)=仕上り幅 (W)

仕上がり丈の測り方(H)
●はき出し窓の場合
カーテンレールについているリングランナーの穴下から床までの高さを測ります。その長さから2cm程度引いたものが実際の仕上がり丈となります。

(床までの高さ)−(1〜2cm)=仕上り丈
※ドレープとレースの二重吊りの場合
レースはドレープより、1〜2cm短くします。

●腰窓の場合
カーテンレールについているリングランナーの穴下から窓枠までの高さを測ります。その長さに15〜20cm程度プラスしたものが仕上がり丈になります。

(窓枠までの高さ)+(15〜20cm)=仕上り丈
※ドレープとレースの二重吊りの場合
レースはドレープより、1〜2cm短くします。
遮光や遮音タイプの場合は、少し長いめにすることで、効果が大きくなりますが、窓の下に家具などを配置する場合、それらの高さを考慮して仕上がり丈を決定する必要があります。

フックの選択
●Aフック(天井付け)
カーテンを掛けて閉めても、レールが見えるタイプです。
●Bフック(正面付け)
カーテンを掛けて閉めると、レールが隠れるタイプです。
Aフック Bフック
●二重吊りの場合
●カーテンボックス 
●装飾レールの場合
通常のカーテンレール(正面付け)の場合です。ドレープがBフック、レースがAフックになります。 カーテンボックスなどはBフックだと天井につかえるのでAフックを使用します。 ダブルの装飾レールの場合、基本的にドレープはAフック、レースはBフックを使用します。

開き方

カーテンの開き方は窓の形に合わせてお選びください。 タテ長の窓には片開きのカーテンの方がおすすめです。 お部屋の雰囲気やバランスを考えてお選び下さい。

寸法が同じであれば、価格は同じになります。

1つの窓に対して、両開きでも片開きでも1つでご注文ください

両開き

両開き 片開きどちらの場合でも仕上がり幅は

(レールの長さ)×(約1.05)=仕上り幅(W)で採寸して下さい。

片開き


クロネコ@ペイメント
1回のご注文の商品合計金額が30,000円以上で送料無料です。(沖縄、一部離島は基本送料は無料ですが別途追加送料がかかります。)

販売は日本国内のみとさせて頂きます。
商品によってはメーカー直送の場合があります。その場合はメール等でご連絡いたします。

カーテンのインフロアお支払い方法送料/配送方法特定商取引の表記
ショップ案内お問い合わせ採寸方法についてリフォーム 内装工事

Copyright(c)infloor.All Rights Reserved.